TOP > 学校長挨拶

学校長挨拶

学校案内

学校沿革
校訓・校章
校歌
教育方針・目標
スローガン
公立高校ガイド
入学試験情報
学校評価アンケート

学校紹介

普通科
園芸ビジネス科
教育課程表
資格取得
志教育

諸活動

農業クラブ
部活動
年間行事
校外学習
年間行事予定表

進路情報

学校広報誌

米山高校同窓会

事務部

eメッセージ

リンク

サイトマップ

学校長挨拶

米山高等学校 創立44周年記念式典 式辞
 本日ここに、宮城県米山高等学校、創立44周年記念式典並びに感謝の会を挙行するにあたり、ご多用の中、多数のご来賓、関係各位の皆様のご臨席を賜り、厚く御礼申し上げます。
 この佳き日を迎えることができましたのも、日頃より本校に格別のご支援・ご協力をいただいております地元の皆様方、教育関係者・PTAの皆様、さらには歴代の校長先生をはじめ旧教職員・同窓生の皆様方のお陰と職員一同、深く感謝申し上げます。

 さて、本校の歴史を顧みますと昭和26年に宮城県上沼農業高等学校米山分教場として米岡小学校の一部を借りて開設されます。
 その後、昭和41年に旧米山中学校のあった現在地に移転し、米山分校と改称されます。さらに、全日制課程へと移行し、施設設備が充実していきます。
 このように、多くの人達の努力と暖かい支援によって、教育環境が整備され、昭和45年
、宮城県米山農業高等学校が誕生します。
 独立開校後も、農業政策・教育政策に翻弄されながら、変革に変革を重ねて本校の歴史が刻まれていきます。
 特に、昭和50年代は激動の時代でした。
 昭和53年5月22日未明の火災により本校舎が焼失し、2年に及ぶ不自由な学校生活を余儀なくされ、奇しくも、創立十周年の年に新校舎が完成します。
 他にも、普通科の新設や、米山高等学校への校名改称が行われるなど昭和50年代は、進路の多様化に対応した教育方針へと大きく舵が切られた時代でした。
 昭和60年から平成にかけては、農業科から産業技術科への学科改編など、教育環境が整備されるとともに、「ふるさとパソコン教室」や「英会話教室」などの開放講座が実施され
、地域に根差した学校づくりが推進されます。
 教育内容も65分授業やグレードアップ課外の実施など米山高校の独自色が打ち出されていった時代でした。
 平成10年代になると部活動、特に柔道部の活躍が目立ちました。
 また、読書活動の推進やアグリツーリズムの企画運営、そして産業技術科から園芸ビジネス科への学科改編など21世紀に対応した本校の在り方を提起した時代でした。
 しかし、平成20年代になると、時代は急速に変化し、地方の少子・高齢化は深刻を極め、登米地区にも過疎化による生徒数の減少と学校規模縮小への対応が求められるようになりました。
 宮城県教育委員会は、平成22年3月に「新県立高校将来構想」を発表し、その第1次実施計画に登米地区の統合再編を明記しました。
 その内容は、現行の5校体制を3校体制に再編し、統合した職業系専門学科に福祉系学科を加えた新しいタイプの総合産業高校を新設するというものでした。
 発表後、関係校・関係機関が一体となって、新しい時代や地域のニーズにマッチした高校づくりが検討されてきました。
 その集大成である、宮城県登米総合産業高等学校が平成27年4月からスタートをきります。
 新設統合校は、本校がこの米山耕土で培ってきた教育内容や伝統を引き継ぎ、改革・発展していくものと考えております。
 まさに、登米地域における職業教育の「不易と流行」が凝縮した学校です。
 このように、本校が、激動の昭和、変革の平成をとおして、44年の伝統を築くことができたのは、同窓生をはじめ、米高をこよなく愛し、育んでくださった地域の皆様のお陰であると、改めて深く御礼申し上げます。
 これまでにこの学び舎で青春の思い出を刻んだ卒業生総数は、4、894名を数え、社会の様々な分野で活躍しております。このことを私たちは誇りとしています。
 来年度、登米地区の高校は大きな転換期を迎えます。
 スムーズなスタートを切るためにも「米山高校として『けじめ』をつけ、多くの方に『感謝』の意を表したい」「生徒には最後の米高生としての強い思いと誇りを持って新たなステージに駆け上がって欲しい」そして「米山高校の歴史を顧みながら、未来を語り合いたい」と考えてまいりました。
 米山高校としては残り数カ月となりました。
 「よねこうドリーム final 有終の美を飾ろう」を合言葉に職員・PTA・生徒一丸となり、より一層の努力をする覚悟でございます。
 今後とも米山高等学校と登米総合産業高校に進級する米高の後輩に変わらぬご指導・ご支援をお願い申し上げ、式辞といたします。


平成26年12月6日  宮城県米山高等学校長 後藤 武徳
Adobeのサイトに移動しますこのサイトではPDF形式のファイルを掲載しております。
ご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)